AFFINGER6

WordPress有料テーマでAFFINGER6(アフィンガー6)がおすすめな10の理由

\当サイト限定豪華7特典付き/

AFFINGER5(WING)をみる

/今すぐ申し込む\

WordPress有料テーマでAFFINGER6(アフィンガー6)がおすすめな10の理由
悩む人

  • AFFINGER6って何がおすすめなの?
  • アフィンガー6は他の有料テーマと比較するとどこが違うの?
  • カスタマイズ性が高いっていうけどブログ初心者でも簡単?

結論、AFFINGER6(アフィンガー6)には下のとおり10つのおすすめな理由があります。

  • 公式マニュアルがある
  • カスタマイズ性が高い
  • サイトスピードが速い
  • 複数サイトで使用できる
  • ブロックエディタで装飾がラクでおしゃれ
  • ウィジェットで広告が自由自在に設置可能
  • マイブロック機能で挿入と一括修正がラク
  • アップデートが多く不具合への対応が早い
  • ユーザーが多く、検索すれば悩みが解決する
  • サイトごとで独自の特典付きで購入できる

このようにおすすめできる理由は私が過去に賢威、JIN、AFFINGER5と有料テーマを複数使い、最終的にAFFINGER6(アフィンガー6)に行き着いたからです。

管理人ハチ
ぶっちゃけ、AFFINGER6(アフィンガー6)のβ版がリリースされてからずっと使っているのでもう他のテーマは使いたくないくらい大好きです!!

そこで私がここ半年程、AFFINGER6(アフィンガー6)を使ってきた経験を踏まえて下の内容を解説していきます。

  • AFFINGER6(アフィンガー6)がおすすめな10の理由
  • AFFINGER6(アフィンガー6)と他の有料テーマを比較・違う点
  • AFFINGER6(アフィンガー6)の入手方法

この記事を読まずにAFFINGER6(アフィンガー6)以外のテーマを購入すると後悔するのでぜひ流し読みでもOKなので目を通してみて下さい。

当サイト限定豪華7特典

今すぐゲット

AFFINGER6(アフィンガー6)とは

AFFINGER6とは【AFFINGER5のアップグレード版】
AFFINGER6とは

AFFINGER6はAFFINGER5のアップグレード版のWordPressテーマブロックエディタGutenberg(グーテンベルク)に対応したAFFINGER(アフィンガー)です。

そもそもAFFINGER5とは、トップクラスに有名なWordPressテーマ。

メンタリストのDaiGoさん、WordPressテーマJINで有名なひつじさんもAFFINGERユーザーです。

AFFINGER5からAFFINGER6(アフィンガー6)ACTIONになったことで一番変わったのは、記事が書きやすくなったこと!

特に書くブロックエディタで直感的に記事が書けるうえに装飾もAFFINGER5に比べてひと手間減った感覚です。

管理人ハチ
正直、クラシックエディタ[ClassicEditor)育ちの私はとっつきにくさを感じていましたが、クラシックエディタのサポートが2021年末には終了するのでそれまでにブロックエディタに慣れてしまおうと思い立ってAFFINGER6(アフィンガー6)でブロックエディタに切り替えました、、、がもっと早くAFFINGER6切り替えていればよかったです。

稼ぐための機能に特化したAFFINGER5をより現在のSEOに適応し、ブロックエディタにも対応した形でβ版配信されたのがAFFINGER6です。

AFFINGER6は現状β版でAFFINGER5を購入した人が無料でアップグレードできます。

なのでAFFINGER5を購入してしまえば、AFFINGER5もAFFINGER6(アフィンガー6)も使えるので、クラシックエディタのAFFINGER5ブロックエディタのAFFINGER6(アフィンガー6)も両方体験できるってことですね。

参考AFFINGER6(ACTION)4ヶ月使った感想&レビュー【豪華8特典付きお得入手方法】

AFFINGER6(ACTION)6ヶ月使った感想&レビュー【豪華8特典付きお得入手方法】
AFFINGER6(ACTION)6ヶ月使った感想&レビュー【豪華8特典付きお得入手方法】

続きを見る

当サイト限定豪華7特典

今すぐゲット

AFFINGER6(アフィンガー6)がおすすめな10の理由

AFFINGER6(アフィンガー6)がおすすめな理由は下のとおり10つあります。

  • 公式マニュアルがある
  • カスタマイズ性が高い
  • サイトスピードが速い
  • 複数サイトで使用できる
  • ブロックエディタで装飾がラクでおしゃれ
  • ウィジェットで広告が自由自在に設置可能
  • マイブロック機能で挿入と一括修正がラク
  • アップデートが多く不具合への対応が早い
  • ユーザーが多く、検索すれば悩みが解決する
  • サイトごとで独自の特典付きで購入できる

それぞれを詳しく解説していきます。

公式マニュアルがある

AFFINGER6(アフィンガー6)ACTIONには専用の公式マニュアルがあります。

※ボタンで6のマニュアルリンク

基本的なカスタマイズやブロックエディタなどについてはこちらの公式マニュアルを見れば解決できます。

※ボタンで6のマニュアルリンク

また、前バージョンのAFFINGER5(アフィンガー5)WINGにも公式マニュアルがあります。

※ボタンで5のマニュアルリンク

ブロックエディタに移行したとはいえ、まだまだβ版の段階なのでHTMLタグを使ったカスタムHTMLを利用する機会もあるため、AFFINGER5のマニュアルもかなり参考になります。

他の有料テーマには公式マニュアルがあるもののありますが、詳しいカスタマイズまでは解説されていないことが多いのでAFFINGERシリーズおすすめ大きな理由の一つです。

管理人ハチ
1点気になることがあれば、公式のマニュアルが少し難解なこと。

公式のマニュアルとはいえ、少しわかりにくい説明や言葉足らずな部分も散見するので、そこは当サイトでも補って説明しているのでぜひ参考にしてもらえればと思います。
また、後述しますが、使用者が多いのであなたが困っているカスタマイズや不具合については『AFFINGER6 ●●』と検索すれば解決記事を見つけやすいのもおすすめできるポイントです。

カスタマイズ性が高い

AFFINGER6(アフィンガー6)は前作のAFFINGER5同様でカスタマイズ性が高いのもおすすめしたいポイントです。

下の記事でもまとめているようにヘッダーのデザインだけでも4種類以上あります。
ヘッダー画像のみのデザインから、スライドショーのデザイン、背景とスライドショーを別々に表示するデザインとあなたがやりたいデザインのほとんどが実現可能です。

また、AFFINGERシリーズは利用者も多いのでカスタマイズやサイトデザインを参考にできるサイトが多いのもいいですね。

実際AFFINGER公式サイトでも下の様なサイトが紹介されており、コテコテのアフィンガーデザインのサイトからアフィンガー感がほぼないオシャレなデザインのサイトまで様々なです。

※公式で紹介されていておしゃれなヘッダーデザインのサイト画像やリンクを設置

しかもカスタマイズ自体はCSSやHTMLなどの知識がなくても、WordPress外観『カスタマイズ』や『AFFINGER管理』から簡単に設定できるのもいいですよね。

サイトスピードが速い

複数サイトで使用できる

AFFINGER6(アフィンガー6)はAFFINGER5を購入すると入手できて、しかも複数のサイトで使用できます。

つまり、1度AFFINGER5を14,800円で購入してしまえば、AFFINGER5(アフィンガー5)WINGもAFFINGER6(アフィンガー6)ACTIONもそれぞれを使い放題。

私も複数のサイトを運営してきましたが、AFFINGER5とAFFINGER6(アフィンガー6)の選択肢があるのはうれしいところ。クラシックエディタ中心で作ったサイトはAFFINGER5、これから新しく立ち上げるサイトはAFFINGER6と1度に2度旨いわけです。

仮に3サイト運営したとすると、1サイト当たり5,000円で利用できた計算になるのでお買い得ですよね。

管理人ハチ
ぶっちゃけ、14,800円でAFFINGER5とAFFINGER6の2つ分のテーマをゲットできて、なおかつ複数サイトで使えるなら、サイトを作れば作るだけお得。

ブロックエディタで装飾がラクでおしゃれ

AFFINGER6はブロックエディタに対応したテーマへの移行をしているところですが、AFFINGER5から変わらず装飾がラクでさまざまなものが用意されています。

  • キラリと光るボタン
  • さまざまなボックス装飾
  • 簡単で可愛いアイコン設定
  • 読んで欲しい所にマーカー

このブログでも記事内にさまざまな装飾を駆使していますよね。


AFFINGER6(アフィンガー6)ならこういった装飾がブロックエディタで簡単に使えます。


ボタンやボックスならブロックごとで設定できますし、マーカーに関しては記事を作成中~作成後の校正時にまとめて装飾できます。


アイコンもボックスごとで設定ができるので『記事をオシャレでオリジナリティのあるものにしたい!』と思う人はこの装飾機能を重宝しますよ。

管理人ハチ
あとこれは私の個人的な感覚ですが、AFFINGER5の頃に比べると、AFFINGER6ではブロックエディタの直感的な操作感で装飾の手間が減った様に感じています。おそらくクラシックエディタのようにプレビューでいちいち装飾の状態を確認しなくても、ブロックエディタなら視覚的に確認できるから手間が減った様に感じているのでしょう。

ウィジェットで広告が自由自在に設置可能

あなたは下のようなことを感じたことはありませんか?

悩む人

  • 記事の下にだけ広告を張りたいなぁ。
  • スマホだけ記事冒頭に広告を入れたいなぁ。
  • PC記事の下にだけテキストと広告を貼って行動誘導したいなぁ。

AFFINGER6(アフィンガー6)ではウィジェット機能が強化されたので、さまざまなところに広告やテキスト、コンテンツを追加できます。

ちなみにどこにウィジェットを入れられるのかは下のデザイン早見デモサイトをご覧ください。
※デモサイトリンク

他のテーマだと、CSSやHTMLなどのコードを触って、ブログのデザインが大きく崩れたり、調べるのに時間がかかったりしますが、アフィンガー6なら3分もあれば任意の位置に広告テキストやバナーを挿入できちゃいます。

マイブロック機能で挿入と一括修正がラク

これはAFFINGER6(アフィンガー6)のレビューでもお伝えしているのですが、マイブロック機能が秀逸です。

※れびゅー記事へのリンク

マイブロック機能とは、元々アフィンガー5で有料プラグインであったタグ管理機能を無料でAFFINGER6に標準装備してくれたもの。

記事内にショートコードを入力するだけであなたが設定した任意の広告やボタン、テキストなどを挿入してくれる機能です。

言葉で説明してもわかりにくいので図解で説明します。
下のように記事内にショートコードを入力すると、任意のコンテンツを追加できる機能です。

※図解


この機能の何がすごいかというと、例えば当サイトのAFFINGER5の特典を解説するコンテンツで一部修正が必要になったら、マイブロックを修正するだけで、ショートコードが挿入されているすべての記事が一括で修正出来てしまうんです。

つまり、後々修正や更新が必要になるコンテンツは予めマイブロックに登録してショートコードで記事に埋め込んでおけば、マイブロックだけを修正すれば一括で修正ができてしまうということ。

今までなら任意のコンテンツや広告をコピペしてすべての記事に埋め込んでいたものが、マイブロック機能を使えば、コンテンツ修正から広告の差し替えまで一発で完了です。

  • マイブロック機能で埋め込むがおすすめなのは下のようなコンテンツ。
  • テキスト広告やバナー広告
  • 毎月更新が必要なコンテンツ
  • 毎回挿入する説明文章や紹介文・プロフィール
管理人ハチ
マイブロックに登録しておけばショートコード入力ですぐに呼び出せるので便利すぎますよね。これが無料で使えるのはおすすめというか、すごすぎますわ。

アップデートが多く不具合への対応が早い

AFFINGER6(アフィンガー6)はβ版なので、アップデートが多く不具合への対応も早いのもおすすめのポイント。

有名テーマの一つであるJINはWordPressが更新されてもアップデートされずユーザー間で不具合情報を共有して対応している状況ですよね。

一方のAFFINGER6(アフィンガー6)はリリースから半年ほど経ちましたが不具合もありつつも、毎月2~4回程のアップデートを繰り返して不具合にも対応してくれています。

※アップデート情報マイブロックでもいいかも。

このようにアップデートをしてくれていますし、もし不具合が発生しても公式サイトからお問合わせして不具合情報をお知らせすれば対応してくれます。

※公式のお問合わせフォームへリンク

現状では管理人が確認しただけでも下の様な不具合があります。
※マイブロックで不具合を設定
ブロックエディタでクラシックボタンにカーソルを合わせると閉じてしまう
カテゴリー表示が上手くできない
画像のキャプションがたまに入力バク発生する

これらも報告済みなのでいずれ修正されるはずです。

管理人ハチ
またブロックエディタも現状かなり使いやすくなっているものの、AFFINGERシリーズの強みであるさまざまな装飾をすべて使いやすい状態にはなっていないので、こちらもアップデートされて使いやすくなるのが楽しみです。

ユーザーが多く、検索すれば悩みが解決する

AFFINGER6(ACTION)やAFFINGER5(WING)ともに公式マニュアルが用意されています。
わからないことは公式マニュアルで調べれば大抵のことは解決できます。
ただ、マニュアルがやや難解であったり、簡潔に解説されていたりして設定に困ってしまうことが良くあります。
そう言う場合に、AFFINGERユーザーが多いという特徴が活きてきます。
ユーザーが多く、その多くが個人ブロガーなので『AFFINGER6 ●●』や『アフィンガー5 ○○』と検索すればほとんどの悩みは解決方法の記事で解決します。

基本的には公式マニュアルを見れば解決できるのまずは公式マニュアルから確認してみてください。
※公式マニュアルの記事へリンク

このブログでも細かいカスタマイズ方法を解説しているのでぜひ参考にして下さい。
※カスタマイズカテゴリへのリンク

サイトごとで独自の特典付きで購入できる

AFFINGER6(アフィンガー6)はβ版と何度も言っている通り、AFFINGER6(アフィンガー6)を使うにはAFFINGER5を購入する必要があります。

そしてそのAFFINGER5を購入する時には、サイトごとで独自の特典付きで購入ができます。
特典とは私のサイトで購入すれば下のような特典が付いてきます。

※マイブロックで特典のリストを表示

ちなみにAFFINGERシリーズ以外の有料WordPressテーマで特典がつけて販売できるのは『THE THOR(ザ・トール)』くらいです。

※テーマごとでの料金と特典の表・マイブロックでもいいかも

特典はサイトごとで違うので比較した上で購入するサイトを決められるのもいいですよね。
特典の中身は『初期設定サポート』や『ブログ運営ノウハウ』など有益情報をしのぎを削って出しあっているのでAFFINGER+自分が欲しい特典と合わせて購入すると、特典なしのテーマを買うよりブログでの成功確率が大幅に上がりますよ。

当サイトの特典について詳しく知りたいあなたは『※※』の記事を参考にして下さい。
※ブログカード

当サイト限定豪華7特典

今すぐゲット

AFFINGER6(アフィンガー6)と他のWordPress有料テーマとの比較と違い

怪しむ人
AFFINGER6のおすすめポイントはわかったけど、それってアフィンガーを買って欲しいからいっているだけでしょ?他の有料WordPressテーマもあるからそれとも比較してほしいなぁ。

と思うかもしれません。

ここからはAFFINGER6(アフィンガー6)と他のテーマを比較していきます。
比較する項目は下のとおり。

※マイブロックでの比較表を作成し挿入

順番に他のテーマとの比較や違いを紹介していきます。

料金の比較

AFFINGER5は他のテーマと比べると比較的中間の価格といったところでしょうか。

※図解でもいれるといいかも。

逆に最近話題のSWELLは高めの設定ですし、沈黙のWebライティングなどの本で有名な賢威はかなり高い印象です。

特徴やSEO対策、サイトスピードの比較

※マイブロック挿入

STORK19(ストーク)はけっこう歴史のあるテーマで料金は良心的で安めの設定です。また機能も料金の割には充実しています。ただアップデートで追加料金をとったり、既存ユーザーも丸々支払いを求めたりするので今後のアップデートを考えると、3,800円多めに払ってAFFINGER6(アフィンガー6)を使った方がカスタマイズ性もアップデートサポートも安心と言えます。

JINはデザインが可愛く、装飾も豊富なのですがクラシックエディタを推奨しているテーマ。またアップデートも2020年から止まっており、ブロックエディタに対応する予定も特に経っていません。また私自身、JINはサイトスピードが遅いという理由でAFFINGER5に乗り換えた経緯もあるのであまりおすすめはしません。

THE THOR(ザ・トール)もカスタマイズ性が高く機能も豊富なのでおすすめです。ただAFFINGERシリーズに比べるとユーザーが少なく、困った時に調べても解決する記事も少ない印象です。それなら公式マニュアルもあり、ユーザーも多いアフィンガーに軍配が上がるかなと。

SWELLは現状AFFINGERと最も比較されるテーマですよね。SWELLはサイトスピードやSEOにも強く、機能も豊富です。そして何よりブロックエディタ完全対応でサポートも充実しているのがいいですよね。またSWELLはWebデザイナーや現役のデザイナーさんが利用しているためかおしゃれで参考になるサイトも多いので真似するだけでおしゃれなサイトが作れちゃうのも魅力的。

管理人ハチ
私もSWELLとAFFINGERでかなり悩みましたが、少し価格が安いのと、特典が付いているのでAFFINGERシリーズの方を選びました。

賢威は名著である『沈黙のWebシリーズ』で有名な松尾さんの会社ウェブライダーの有料テーマ。値段が高い分、テーマ自体がSEOにめちゃくちゃ強く、ブログのSEO対策に関するPDFファイルも付いてくるので納得の価格です。ただテーマのデザインが古臭く、カスタマイズ性も低いのが難点。アフィンガーの方がカスタマイズが豊富で思った様なデザインにできますね。

AFFINGER6(アフィンガー6)の入手方法

当サイト限定豪華7特典

今すぐゲット

AFFINGER5の購入方法

※AFFINGER5の購入方法はマイブロックで作成してショートコードを挿入

AFFINGER6(アフィンガー6)のデメリット

  • デザイン済みデータを使えない

AFFINGER6(アフィンガー6)の入手方法

\当サイト限定豪華7特典付き/

AFFINGER5(WING)をみる

/今すぐ申し込む\

AFFINGER5おすすめランキング

AFFINGER5(アフィンガー5)

通常版のAFFINGER5(アフィンガー5)で価格は14,800円。今なら期間限定で4000円相当のプラグインも無料で付いてきます。

また当サイト限定特典も多数セットにしているので、今すぐにでも稼ぎたい、結果を出したい人はまずこの通常版のAFFINGER5(アフィンガー5)を試してみましょう。

AFFINGER PACK3(WING対応)

AFFINGER5(アフィンガー5)と『AFFINGERタグ管理マネージャー3』『ABテストプラグイン』2つのプラグインのセットになったオールインワンパックで価格は39,800円。単品で買うより13,600円お得!

どの記事からどのように読者が行動しているのかが丸見えになり導線を貼りやすくなるので費用対効果が高いセットになります。

  • この記事を書いた人

hachi

副業ブロガー / 現役看護師【経歴】国立大学▶︎公務員(保健師)▶︎縦社会と副業禁止で退職決意▶︎精神科看護師▶︎4サイト運営し月4万円収益まで到達(2021年5月現在)▶︎●嫁1太郎1姫と暮らす

-AFFINGER6